協会からの提案へ戻る>>  


  ■地図作成

市街地での地図作成は、経済成長へのインフラ整備です。    松山市の公図地区は、地図(登記所地図に準ずる図面)の状態が悪く、国や地方自治体などが公共事業を実施する場合や、土地の所有者が事業展開する際の障害になってきましたが、登記所備付地図作成作業や市街地地籍調査事業にて地図を修正することにより、円滑で効率的且つ低費用での公共事業や土地所有者による事業展開の実施が可能となりました。

 松山市における地籍調査事業の有効性は、県内の地籍調査事業着手自治体や未着手自治体にも認めていただき、平成20年度からは松山市のお隣の松前町、また平成22年度からは今治市でも、地籍調査事業(E工程・H工程)業務の受託をして地図作成作業にまい進しています。




地図作成作業は、国民生活安定のための未来への投資です。

愛媛県における地図作成作業は、土地の地籍に関する客観的資料を基に、土地所有者の立会いを得て土地の筆界(境界)の確認を行い、確認した筆界(境界)には、永続性のある境界標識を設置しています。
 



                       立会の様子
                      

                    境界標識の種類

私ども、公嘱協会は登記所備付地図作成作業と市街地地籍調査事業(E工程・H工程)による、地図作成に取り組んでいます。

 特に平成17年度に実施しました「道後地区不動産登記法第14条第1項地図作成作業では、道後地区での観光開発の障害となっていました地図混乱を解消し、地場産業の事業展開や松山市による観光施設の整備事業の促進などインフラ整備に寄与してきました。





また、平成15年度からは松山市より地籍調査事業(E工程・H工程・概況調査)の業務を受託し、これまで8年間松山南部地区を中心に継続して地図を作成してきました。(平成22年度)   


 
                                       次ページへ>>
協会からの提案へ戻る>>